私の治療スタイル・ポリシー


私の治療は一般の治療の在り方(限られた時間や通り一遍の治療スタイル)とは異なり、全てに枠を設けず「治すまで返さない!!」までもの精神をモットーに出来得る限りの治療を行っています。

 

当初では治療を始める前に患者様一人一人の症状の現れ方を毎回詳細、丁寧に確認し、治療後には又その症状の解消、軽減、止まり具合を確認しています。もしも残っている症状があれば、それを止めるための治療を加え、その時点で出来得る限りの方法で「止める」ことに力を注いでいます。

 

このような治療は他院では行っていないことです。私は“治療が終わったらお帰り下さい”の通り一遍の治療ではなく、時間も私の労力も厭わず、いらした時よりも必ずよくなられてお帰ししたい、その一心からこのような療法(Junji Ono Method)を行っているのは、急性、慢性の症状でもいつまでも長く通わせたくない!早く善くなって欲しいと切に思い願うからです。

 

そしてもしもその患者様が私の所に1回しか来られないとしたら、与えられたその1回のチャンスの中で何とか治したい!!と思うからこそ、私は1回の治療に全精力を注ぎ、永きに亘る経験と実績の中編み出した独自の「本当に治すためのツボ」を駆使し、今日も治療に当たっています。

 

他院とは全て異なる施術Junji Ono Methodそして私をお試し下さい。 全精力を注いでの治療の為、一日の治療で新患(初めてご来院の方1~2名)を含め、10人までの治療とさせていただくことをご理解、ご了承下さい。

投薬等、他の療法に依存しない


私は漢方薬や他の療法を使わず、鍼治療のみでの治療を行っています。

 

何故ならば漢方薬は穏やかでやさしいと思う方も多いでしょうが、それも3ヶ月以上服用を続ければ副作用の心配もあります。

 

またその生薬を生産する土壌の汚染や諸々の危険性...それを回避するため、全く副作用の心配のない安心安全且つ偉大な効果を発揮する針のみの治療に全勢力を注いでいます。

 

私の永年のテーマは鍼治療がホントに効くのか?鍼治療のみで病気を治せるのか?治すことが出来れば鍼治療は後世に生き残り、如何に人から絶対的に必要とされる!とその答えを求め続けてきました。そしてそれが私の療法Junji Ono methodなのです。

先生はひとりだけ?


46年間私ひとりで世界各国、延べ24万人の方々の治療に当たって参りました。

私が弟子もインターンも使わない理由は、指先、鍼先、皮膚、身体で感じる微妙、繊細な感触等、患者様との信頼の下の一対一の感覚、手応えは決して他の者に教えられるものではないからです。

 

又それは子供に伝承することさえも不可能なことでしょう。そして患者様が新たな患者様をご紹介下さる...それは私の治療を求めてご来院なさるのですから、私以外の施術ではご紹介下さった方もされた方もご納得のゆかないことでしょう。

 

そのため46年、私ひとりでの治療を続けて参りました。

これが私の治療法Junji Ono Methodの確立であります。